PV134

2021-08-17

【 #日産ストーリーズ​ 】日産の工場になくてはならない唯一無二の“相棒”——無人搬送車(AGV)の存在意義

無人搬送車(AGV:Automated Guided Vehicle)の役割は、無人で部品を搬送すること。 その結果、作業者の負担は軽減し、生産効率も品質も大きく改善しました。 初代リーフのリチウムイオンバッテリーを再利用したAGVは、 7年から8年間、走り続けることができます。 日産の生産技術研究開発センターでAGVの開発を推進する松本将師は、こう語りました。 「日産の強みである電動化技術や自動運転技術を応用し、生産工場のニーズにあわせたAGVを導入することで、 生産現場に大きな革新をもたらします。工場内の部品供給も電動化、自動運転の時代へ。クルマとともに生産工場も進化を続けます」 近い将来、さらに進化した日産のAGVをご紹介できる日がやってくるはずです。

バン

@7ooITCbvWzei2O9HCjqmhkl94ik1

コメント

コメントがありません